2010年10月13日

第36回日本シャボテン大会

1ヶ月前くらいから楽しみにしていて行く気まんまんだったが、
悲しいかな午後から仕事になり…


('A`)滞在時間1時間と少し…

よって、展示品・販売苗をじっくり見るのに夢中で写真などない!
.
.
.
.
…いや、あるにはあるんですけど…ね…。


真相は会場の明るさの関係でうまく写真が撮れてなかっただけ。
家に帰って見直したらブレブレで使い物にならなかった。
なんとかマシな画像だったのが下の4点。

dt00092.jpg
ハオルチア マーブル黒ピクタ / Haworthia picta
黒と白のコントラストがたまらんですな。しかしピントが少し奥に…

dt00093.jpg
ハオルチア交配種「雪景色」 / Haworthia hyb. 'Yukigeshiki'
まるでドーム型のガラス細工のよう。

dt00094.jpg
ハオルチア スプリングボクブラケンシス/ Haworthia springbokvlakensis
遠い昔に亡くした子を思い出す……(´;ω;`)ブワッ

dt00095.jpg
そしてもふもふ。

どれも綺麗で見るだけでも勉強になります。
他に迫力ある万象とか色々撮影してたのになぁ…残念。

即売会では時間がないなりに会場をまわり、
結果、ハオルチアのスプレンデンスを1つ購入。
そちらはまだ形が整ってないので、仕立て直してまたいつか。
かわりに最近お迎えしたスプレンデンスをば。

dt00096.jpg
Haworthia splendens CL1(EH) Type Locality

これもまだ2.5号鉢にちょこんとしている小苗ですが、
葉型とか窓の雰囲気とか勝手に良くなりそうな何かを感じている。
葉縁も赤いし◎

dt00097.jpg
窓には白点もちらほら。もっと密になってほしい所。

前回の鬼武者に続き、うちのベランダリーグの期待のルーキー。

「入団したてだが、光るものを持っている。
 スランプにならず素直に育っていってほしいものだ。」(監督談)


posted by 梅 at 21:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

その姿、まさに鬼!

その姿、まさに鬼!

( ゚д゚)欲しかった交配種の一つ「鬼武者」入手。


dt00090.jpg
ハオルチア交配種「鬼武者」/ Haworthia hyb. 'Onimusha'

点在する気泡窓と、荒っぽい質感の黒肌、
そして葉縁を飾る鋸歯…


( ゚д゚)まさに鬼!黒い甲冑に身を包んだ鬼!


dt00091.jpg
カキ仔苗なんでまだ形は整ってないが、既に重厚な風格が漂っている。
ディモルファ×スプレンデンス交配らしい。
見事に両方の特徴が融合したナイス交配種だと思う。

ただ、この個体、鬼武者と違う名前で入手したもの。
同じ作出者から輸入されたものらしいし、物は同じみたいなので、
とりあえず名前は鬼武者扱いでいいかと。

早く成株にして、じっくり眺めたいハオが増えた。

**********************************************************

『鬼武者』の事を調べていたら判明した事。
鬼武者って源頼朝の幼名らしい。なんて猛々しい幼名。
posted by 梅 at 13:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

わさわさ

昨晩、気持ちよく夢の世界で妖精達と戯れていたのだが、
耳をつんざく雷の轟音で目が覚めた。



(;゜д゜)世界の終わりが来たかと思ったんだぜ…



轟雷が秋はじまりだったのか、本日はかなりの涼しさ。
ようやく暦と気温が合致した感覚。このまま涼しさが続けばいいと思う。
そして園芸者にとって、秋の定例行事といえば「植え替え」だ。
うちの子達もボチボチはじめている。


dt00086.jpg
Haworthia cooperi v. venusta GM292 NE of Alexandria

これも植え替えた中の一鉢。
ブログをつくって初めての記事に載っけた子。
以前、子を外したヴェヌスタよりも毛深く&大型でお気に入り。
この子はたいしたトラブルもなく、順調に大きくなった。
そして2.5号鉢ではきつくなってきたので鉢増し。


dt00087.jpg
ついにこちらも子吹き。
一枚だけ異常に幅広な葉の下から出てきている。


dt00088.jpg
そして、これも!


dt00089.jpg
さらに、これも!


ついでにk(略


子吹きはもしもの時のための保険ができるので嬉しい。
だが姿が崩れるのと将来スペースの問題が起きそうでちょっと困る('A`)
育て方で子吹きをある程度コントロールできる方法とか無いものだろうか?

…などと自分に都合の良い方法がないかと考えている間にも、
うちのベランダはちゃくちゃくと植物に占領されていっている。
posted by 梅 at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | Gardening | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。