2010年12月06日

バディア

前回の緑々したバディアのその後。

dt00109.jpg
ハオルチア バディア / Haworthia mirabilis var.badia MBB6635 Napier

葉数も3〜4枚増え、形も整ってきた。
日当り良い場所で育てていたので、badiaの名前通り栗色に。
この赤く染まる葉縁と、若干紫がかった茶色の肌はもちろんのこと、
ヌメっとした窓の奥にうっすらと見える深い緑がいい。非常にいい。
この色のグラデーションが窓に深みを出しているように思う。

dt00110.jpg
一時、新しく出てくる葉は窓が曇っていたので
「いけてる子役は成長するとイマイチな法則」かと思ったが、
どうやら今回の曇り具合は時期的&環境的なものだったみたい。
湿度をキープするように心がけたら窓の雰囲気もだいぶ良くなってきた。
他にスプレンデンスやピクタなんかも調子良くなってきたので、
空中湿度の重要性を再確認した。

教訓「寒くてもベランダに出てミスティング!」

**********

先日、ツイッターで某ブロガーさんから
「ずっと女性だと思ってた。」とのツイートをいただいた。
そういえばハンドルネームが「梅」で、ブログデザインもこんなだし、
そう思う人もいるかもなぁと納得。

しかし中の人はヒゲ男性です。申し訳ない(何故あやまる?)


posted by 梅 at 15:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

巌オブツーサ

( ^ω^)厳つい名前のオブツーサ。

dt00107.jpg
巌オブツーサ / Haworthia cooperi var. truncata 'Iwao obtusa'

画数の多い厳めしい名前の割に、つるっとしたノかわいいオブ。
透明度もなかなか高い。

結構古いものらしく、元は京都の趣味家さんが育てていたらしい。
それこそ30〜40年くらい前からとかなんとか。
育てている植物の背景がわかるというのは良いものだ。
なんというかその植物の過ごしてきた時間に思いを馳せ、
先達に恥ずかしくないよう、しっかり育てようと思う。


オブつながりでもうひとつ。


dt00108.jpg
金子特黒オブツーサ / Haworthia cooperi var. truncata 'Kaneko Tokuguro'

とある方からの頂き物。
以前、俺が欲しいと言っているのを覚えていてくださったという、
ありがたいオブツーサ。現在ロゼット展開を開始したところ。

こちらもまだ小苗だが、他所のブログ等で大株を見ているので成長が楽しみ。
今のところ透明度は高く、そして青光り。
「紫オブとかと並べて育てると違いがわかっておもしろいよ」
との言葉通り、OB-1と並べて栽培中。


どちらも不思議な縁でお迎えできたオブ。
人と人との繋がりっておもしろい。



posted by 梅 at 03:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

ブルゲリの開花

( ^ω^)お久しぶりです。

ちょっと前ですが、ブルゲリが咲いてた。

dt00105.jpg
なんだか微妙な開き具合だが無事咲いたので◎

dt00106.jpg
白〜パープルがかったピンクのキレイな花です。
花びらがばらついているのがちょっと残念。

このままキングスライムみたいにでかくしていきたい。
とりあえず2.5号鉢いっぱいが目標。
来年あたりはもう一株迎え入れて、種とってみるのもいいなぁ。

**********

目の下が痙攣するくらい仕事がハードで、
なかなかブログ更新できなかったですよ…

しかし、忙しくなると更新したくなる天の邪鬼www
まったく、困ったもんだwwwww
posted by 梅 at 00:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | Conophytum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。