2013年02月04日

暴かれた正体

dt00294.jpg
入手時から何か混じってる疑惑のバディア。
窓・肌・葉型と全てが某種の血を物語っているような…
しかし札はしっかりバディアと明記されているので、
「これはバディア!むしろコレがバディアだ!」と栽培してた。

しかしついに決定なモノが出た…

dt00295.jpg
新葉に白点出てきたよ。
もう言い逃れはできんね。バディア×スプレンデンス君。

dt00296.jpg
葉型は入手時より長くなってきた。これはバディアの血か。
肌はよりメタリック感がアップ。

もうバディアは名乗れないがこれはこれで面白い。
posted by 梅 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。