2012年09月19日

デブの復活

dt00280.jpg
Haworthia devriesii, VDV643 5km N of Prince Albert

去年の梅雨時、4割くらいの葉が腐ったデブリエシーが復活してきた。
一度調子を崩したにもかかわらずしっかり成長していた様子。現在3号鉢。
久々に眺めていると、成長とともにやや顔つきが変わって来たように思う。

dt00281.jpg
一番の変化は鋸歯が非常に目立つ様になってきたこと。
以前紹介した時はほぼ葉縁のみに短い鋸歯があっただけなのに比べ、
今は葉縁・キール・葉裏に倍くらいの長さで出ている。

さらにストレスで紫がかった肌色とのコントラストが、
より「俺に触れると怪我するぜ!」的な悪っぽい雰囲気を出している。
いや、触れても鋸歯では怪我しないけども。

今はまだ夏のダメージが残っているので、やや萎びているが、
もう少し涼しくなればより水を吸って見た目どっしりしてくるだろう。
ぜひゴッドファーザー的な貫禄を漂わせて欲しいものである。
posted by 梅 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293257862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。