2011年12月27日

ピクタで締める2011年

おそらく年内はもう記事をかかない。
2011年はピクタやスプレンデンス等のガチムチ系ハオに、
ガッツリとハマったのでピクタで締め。

dt00225.jpg
ハオルチア ピクタ 'PA-1'
Haworthia picta 'PA-1'
ダルマな葉型と模様がとても好きなピクタ。
葉が更新してぷっくりとしたダルマ葉になってきた。

dt00226.jpg
透明度高めの窓に、適度に白点が散る。
ノド元にも模様が入り、全体的に派手な印象を受ける。

そこそこのサイズの苗を入手して育てているが、
ピクタにしては成長が早いように思う。
入手後、半年くらいで倍近く葉が増えている。
そして夏場、他のピクタがへこむ中この株だけは元気だった。
うちのスパルタ環境最前線にいるのだが…強いのか?

イベントの展示品で完成株を見たことがあるが、
今のサイズ(現在3号鉢)でもかなり特徴は出ているようだ。
完成株になると葉がもっと大きくなり、
白点の具合がもう少しグレードアップする感じ。

この姿で肌色が黒く、白点が大きくなると個人的にツボなので、
種が採れるサイズになれば交配親にしてみたい。

それでは皆さん良いお年を。


posted by 梅 at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。