2010年10月13日

第36回日本シャボテン大会

1ヶ月前くらいから楽しみにしていて行く気まんまんだったが、
悲しいかな午後から仕事になり…


('A`)滞在時間1時間と少し…

よって、展示品・販売苗をじっくり見るのに夢中で写真などない!
.
.
.
.
…いや、あるにはあるんですけど…ね…。


真相は会場の明るさの関係でうまく写真が撮れてなかっただけ。
家に帰って見直したらブレブレで使い物にならなかった。
なんとかマシな画像だったのが下の4点。

dt00092.jpg
ハオルチア マーブル黒ピクタ / Haworthia picta
黒と白のコントラストがたまらんですな。しかしピントが少し奥に…

dt00093.jpg
ハオルチア交配種「雪景色」 / Haworthia hyb. 'Yukigeshiki'
まるでドーム型のガラス細工のよう。

dt00094.jpg
ハオルチア スプリングボクブラケンシス/ Haworthia springbokvlakensis
遠い昔に亡くした子を思い出す……(´;ω;`)ブワッ

dt00095.jpg
そしてもふもふ。

どれも綺麗で見るだけでも勉強になります。
他に迫力ある万象とか色々撮影してたのになぁ…残念。

即売会では時間がないなりに会場をまわり、
結果、ハオルチアのスプレンデンスを1つ購入。
そちらはまだ形が整ってないので、仕立て直してまたいつか。
かわりに最近お迎えしたスプレンデンスをば。

dt00096.jpg
Haworthia splendens CL1(EH) Type Locality

これもまだ2.5号鉢にちょこんとしている小苗ですが、
葉型とか窓の雰囲気とか勝手に良くなりそうな何かを感じている。
葉縁も赤いし◎

dt00097.jpg
窓には白点もちらほら。もっと密になってほしい所。

前回の鬼武者に続き、うちのベランダリーグの期待のルーキー。

「入団したてだが、光るものを持っている。
 スランプにならず素直に育っていってほしいものだ。」(監督談)


posted by 梅 at 21:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
監督ー、いいじゃないですか!
将来楽しみな選手じゃないですか。

いいなあ。
ものすごく欲しい苗でないと増やさない。と常に自分に言い聞かせている私ですが、スプレンデンス系はちょっと別腹かもしれません。
葉の縁が紅くなるスプレンデンスが欲しいんですよ監督ー。

実は、ブログに出してませんけど雪景色のちょーー小苗も持っているんですよ。
こんな風に立派に育ったらいいなあー。
難しそうだなー監督ー。

Posted by SEN at 2010年10月14日 20:32
>SENさん
SEN球団はスプレンデンスもいける口なんですね( ^ω^)

いやー葉縁が赤くなるのいいっすねー。
本体とのコントラストがまたなんとも!
最近、こういう葉型のハオがたまらんです。
いつかボブズレッド欲しいなぁ。

SEN球団の雪景色もSEN監督の指導で、
未来の大リーガーですよ!
Posted by 梅 at 2010年10月15日 12:44
また例会にも来て下さいね〜^^



Posted by zilziana at 2010年10月17日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。