2012年06月08日

策士マルモラータ

dt00267.jpg
Haworthia marmorata.n.n.HAYASHI MH03-205 Tierberg

以前、見事な策士ぶりを見せたマルモラータ。
なんだかんだで順調に育っている模様。
気泡状の窓・鋸歯・葉脈がくっきりと綺麗になってきた。
前に成株でも2cm程度と書いたが、
頂いた御仁からの情報で3〜4cmにはなるようだ。

dt00268.jpg
この株より葉が2周ほど増えるらしい。

しかしもう子株を吹きを始めたようだ。
これだけ小型なハオルチアだと、
どのくらいのサイズで外すか非常に悩ましい...

ハッ!この悩みも策士の手のうちではなかろうか!?
悩んでいるうちに子株を成長させる策略かっ!?
posted by 梅 at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

斑もの

昨日は東京でビッグバザールだったようですね。
なんだか他所様のブログを拝見するとかなりの賑わいだったとか。
今年は残念ながらプライベートが忙しく参加は無理。
とても魅力的なイベントなので来年以降は参加したいもんだ...

そんなビッグバザール充を尻目に、今日は手持ちの数少ない斑ものを。

dt00265.jpg
ハオルチア謎の交配種錦。

謎の交配種錦ということだが、これ宝草錦じゃない?
もしくは宝草錦にレツーサ系の何かをかけたか?
うちに来た時は斑部分が多く、すぐ潰れるだろうと思っていた...
しかし予想を裏切り、現在は全体に斑が散ってきていい感じ。

dt00266.jpg
斑の綺麗な部分をアップで。

今年はこの株に黒系のピクタをかけてみた。
ピクタ型で黒肌に斑が入ったのが出てこんもんか...
posted by 梅 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

それぞれの半年後 〜頂きもの柴オブヴェヌ編〜

ビッグバザール購入品のその後シリーズ最終回。
これまた購入品ではない。某柴犬さんに頂いたもの。

dt00263.jpg
Haworthia hyb. 'cooperi var. truncata × venusta'

うちでの呼び名は柴オブヴェヌ。「紫」ではない「柴」だ。
以前、記事にしたオブヴェヌよりやや葉が尖り気味。
その他のディテールはやはり良く似ている。
紫がかった肌に、深みのある色合いの窓が綺麗。
葉縁とキールに出る、ヴェヌスタ譲りの微毛がアクセント。

dt00264.jpg
締めて作ろうと日照強めで管理していたので、
葉は詰まってきたが、透明度が落ちた。
もう少しだけ遮光したら綺麗なバランスになるか...

草系は基本締めて作るのが好きだが、透明度が落ちるのは嫌。
そのバランスをとるのが大変だが、また楽しみでもある。
posted by 梅 at 15:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。