2011年03月28日

毛玉とはボルシーの源氏名

えーと、クソ忙しい。
あ、クソなんて汚い言葉を使ってはいけないですね。
大人たるもの綺麗な言葉を使わないと。
うn(ry

そんなこんなで植え替えもまったく進まないわけだが、
先日、久々にゆっくりベランダで過ごせたので、
しばらく見ない間に結構変わっていたものを。

dt00133.jpg
Haworthia bolusii IB7002
Spandanville, 3km SWW of Graaff-Reinet

いつの間にか普通に毛玉になりつつあるボルシー。
あれ?あの瑞々しい透明感溢れる葉はどこへ?

dt00134.jpg
・・・まぁ、それは置いといて毛玉の話をしようじゃないか。
原生地では外葉が枯れ込み、長い毛が絡まり遮光ネットのようになって、
ちょうどいい光の具合を作り出している模様。
しっかり遮光して水をたっぷり与えれば、瑞々しい姿になるんだろうが、
自分の普通の管理ではそうもそうはいかない様子。
今年は「伸ばさず、焼きすぎず」をモットーにしてみよう。

では、最後に個人的に一番好きな角度からの毛玉をお楽しみください。
dt00135.jpg
posted by 梅 at 14:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。