2011年01月27日

同じでも違う

dt00119.jpg
ハオルチア エスタホイゼニー1号
Haworthia esterhuizenii CCO767 E of Albertinia

前回より葉数は増えたが、なんだか葉が細くなった気が…
さらに若干伸びている気が…なってこったい。
えーと、腕の差ですかそうですか。

dt00120.jpg
1号は窓の白点が多め。葉裏のスポットはまばら。


dt00121.jpg
ハオルチア エスタホイゼニー2号
Haworthia esterhuizenii CCO767 E of Albertinia

1号とまったく同じデータの個体。
購入時、数個体ある中で一番良さげな顔だったもの。
同じ環境で栽培しているが、がっつり紫に色づく。

dt00122.jpg
1号にくらべ窓の白点は少ないが、窓のザラつきが激しい。
葉裏のスポットも断然多い。

…と、同じデータでもこんなに顔が違う。
1号が通常の個体、2号が選抜個体といった所か。

こういった違いを比べたりするのが好きなので、
今の置き場所に窮するという状況が発生するのだな。
全く困ったもんだ。しかし、やめられない。
posted by 梅 at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

時期的にキワネア

dt00117.jpg
ハオルチア キワネア
Haworthia kiwanea IB6973 kiwane

時期的にいい色に染まっていた。
逆光+ミスティングというハオルチアを1.5倍キレイに見せる、
反則的条件を活用してうまく撮れた。
撮影場所は寒いのでベランダでなく室内。
脂肪は防寒着にはなりません・・・

dt00118.jpg
エグ味のある色の紅葉と複雑な窓模様が魅力的。
撮影条件も違うし、ミスティングドーピングもしてるけど、
それ等を差し引いても前に紹介した時より良くなってきた。

そろそろ家に来て1年くらい。

「もう俺には2.5鉢って世界は窮屈なんだよ・・・」

と横に広がるの拒否する気配を醸しだしたので、春には鉢増し予定。
しかし、子吹きを抑えるために、肥料無し状態で我慢してもらおうか。
posted by 梅 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年

dt00116.jpg
Haworthia cooperi var. truncata (seedling)

あけましておめでとうございます
今年も「まいにちのこと」を宜しくお願い致します

平成23年 元旦
posted by 梅 at 00:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | Daily | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。