2009年11月24日

とげとげ紫

( ^ω^)有棘クーペリーとか言われてるもの。

dt00018.jpg
Haworthia cooperi var. pilifera CL1
Somerset East

なんだか年中紫で棘のような肉牙のある男前なピリフェラ。
国内では有棘クーペリーと名前が付いて、
タイプがA〜Cまであるらしい。
他所で見るものより、うちのはトゲトゲ肉牙がちょっと少ないか?

4月に家にきた時は超カリカリだった。

dt00019.jpg
こんな感じ。

遮光しっかりして水多めで育てれば、
オリーブグリーンみたいな色になって膨らむらしいが、
この紫具合が好きなので、日照強めで育ててみた。
ちょっと葉が伸びたが、個人的にはちょうどいい膨み具合。

しかし…


dt00020.jpg
( ゜Д゜)なぜ、あなた端によっていってますか?


センターに植えたはずなのに、徐々に端に移動している…
根が推進力になっているのだろうか?
posted by 梅 at 14:12 | Comment(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

まったく植物に見えない物体

( ゜д゜)どこをどう進化すればこうなるのかと。


dt00016.jpg
Conophytum burgeri

少し前の画像なので恐縮ですがブルゲリさんお披露目です。
透明部分が葉であとは根がついているだけ。
頭のチョンマゲみたいなのは花の咲いた名残です。

dt00017.jpg
この某ゲームに出てきそうなフォルムはなんなのかと。


( ゜Д゜)けしからん!まったくけしからん可愛さ!


「サバンナの宝石」なんて呼ばれてるらしいですな。
紅葉するとルビーのような深紅になるらしい。
結構溶けるという噂を聞くので、気をつけて栽培しないとって思ってたが、
今のところ当方の適当栽培でもなんとかなってます。

データ付のあるものもあるようだし、
来年は種を購入して実生してみよう。
posted by 梅 at 14:20 | Comment(0) | Conophytum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

膨らむ膨らむ

( ^ω^)シンビはやっぱり強いなぁ。


dt00014.jpg
Haworthia cana n.n.,
DMC06152 Confluence of Lushington and Kowie Rivers

このピンクに染まる薄肌と、葉脈模様がかわいい。
なんとも儚げなシンビフォルミスからの独立種。


dt00015.jpg
10月終わりに家に来たときの状態。

もうね、シワシワ&中身スカスカな手触りで、
「これ大丈夫?」って本気で思いましたよ。

しかし、1ヶ月弱で元気に膨らんでくれてきたようです。
植え付けの時、茎がちょっと長かったので少しカットして、
新しい根が出やすくしたのが良かったか?
まぁ、独立して「カーナ」なんてお洒落な名前になったとはいえ、
丈夫で子吹き旺盛なシンビだからなぁ。


なんにせよ「産めよ、増えよ、地に満ちよ。」な感じで
増えてくれたら嬉しいですな。

********************

そして先週末、寒くなってきたので、簡易温室にビニールかけました。
ハオルチアをはじめて初の冬越し。さてどうなるか。
一応、大阪の都市部に在住しているので、氷点下になることも少ないから、
極小な苗意外は、屋外+簡易温室+加温無しでいってみようかと。



( ゚д゚)甘やかしたら負けだと思っている。



しかし、ハオルチア栽培の先輩方のご助言は素直にきくので、
よろしくお願いしますw
posted by 梅 at 15:52 | Comment(0) | Haworthia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。